ミニカーを持つ人

タイヤ交換が必要な時期や価格を知って安全な運転を心がける

  1. ホーム
  2. 寒冷地に特化したタイヤ

寒冷地に特化したタイヤ

タイヤ交換

寒い地方では、冬になると雪が降り路面が凍結することがあります。それはアイスバーンと呼ばれる状況で道路上に薄い氷の膜が張っていて非常に危険な状態です。そんな時、寒冷地専用のタイヤではなく通常のタイヤでは事故を起こす可能性が高くなり、あえなく運転を断念せざるを得ない状況になることもあるでしょう。しかし、そのような状況は自宅までの帰宅中に訪れることもあるのです。もしくは、緊急性を要する状況で運転が必要になることもあるかもしれません。しかし、そのような状況になって初めてタイヤを用意するのではなく、事前に用意しておくことで最悪な状況を避けることができます。
寒冷地仕様のタイヤとして、スタッドレスタイヤというものがあります。通常とのタイヤとの大きな違いとしては、氷点下の温度でもゴムが硬化せず、本来の性能を発揮することができる特殊なゴムが使用されていることが特徴的です。スタッドというのは鋲のことで、一昔前まではスタッド付きのタイヤが使用されていました。鋲が引っかかることでしっかりと路面を捉えることができるのですが、しかしその特徴がアスファルトを傷つけ、結果としてスタッドタイヤは廃止されました。そこから技術が発達し、現在ではスタッドなしでも路面を捉えることができるスタッドレスタイヤが主流となっています。スタッドレスタイヤの他にもタイヤチェーンなどがあり、通常のタイヤに取り付けて走行することができるものもあります。しかし、取付が面倒という方はスタッドレスタイヤを履くのが最適といえるでしょう。